弥次行やじこう
今は然る憂慮なし。大塚より氷川へ下りる、たら/\坂は、恰も芳野世經氏宅の門について曲る、昔は辻斬ありたり。こゝに幽靈坂、猫又坂、くらがり坂など謂ふあり、好事の士は尋ぬべし。田圃には赤蜻蛉、案山子、鳴子などいづれも風情なり。天麗かにして其幽靈 …
作品に特徴的な語句
若衆わかもの ころほ あじはひ 入交いりちが ぢよ あつたか ぬかづ うま ちさ しよく なほ あぶね きたね うらゝ しゆく いこ のろひ かをり うへ さが かたはら たすか しつ まへ さいは ことぶき あはれ ほつ おつ をつと むづ 莞爾につこ 百度ひやくど 私語しご ばゞ おそろ 茶店ちやてん しつ くれなゐ にほひ すゝき なめらか あひだ つめた いろどり やつ 彼方あなた いと なま さふらふ 見透みとほ いへ きた とほ じやう かへり 此方こつち 夥多おびたゞ 人通ひとどほり なく をんな とん 天道てんだう にほひ 突立つツた 聖天しやうでん はう 突伏つツぷ もどり おぶ 屋外をくぐわい 吶喊とつかん あかゞね をし 筒切つゝぎり ほん ぶち たづ 男女なんによ どころ 夕飯ゆふめし 言問こととひ せな あが 高笑たかわらひ 商賣あきなひや かひな ばなし ばう わづか なに