“ひとつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一個29.9%
16.8%
一箇7.2%
一杯7.0%
一番5.3%
一歳3.7%
同一2.4%
一頭1.9%
一片1.6%
一枚1.6%
一盞1.1%
一盃1.1%
一突1.1%
一顆1.1%
一具1.1%
一献1.1%
一匹0.8%
一点0.8%
同腹0.8%
一件0.5%
一処0.5%
一所0.5%
一架0.5%
一滴0.5%
一瓶0.5%
一處0.5%
夫婦0.5%
百両0.5%
同盟0.3%
一々0.3%
一事0.3%
一体0.3%
一双0.3%
一吐0.3%
一咳0.3%
一器0.3%
一團0.3%
一尾0.3%
一撞0.3%
一条0.3%
一條0.3%
一段0.3%
一疋0.3%
一筋0.3%
一脚0.3%
一般0.3%
一葉0.3%
一語0.3%
一路0.3%
一躰0.3%
一面0.3%
一點0.3%
人憑0.3%
単個0.3%
同住0.3%
同心0.3%
同様0.3%
同衾0.3%
單個0.3%
壹疋0.3%
統一0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巾着の紐が指に引懸って横になるとパラ/\/\と中から金子散乱たから慌てゝお筆が之を隠し手拭を一筋に一朱銀を一個出して
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
シノネ曰ふ、我はにて欺けるも汝は貨幣にて欺けるなり、わがこゝにあるはの罪のためなるも汝の罪は鬼より多し 一一五—一一七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
さて竜伏は其月の生気の方より右旋りに次第据ゑ行き五星を祭り、初めの大礼には鍛冶の道をば創められし一箇
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「失礼をするかも知れないが、まあ、一杯。ああ、——ちょうどお銚子が来た。女中さん、お酌をしてあげて下さい。」
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今年卒業したらに洋行でもしたいと思ふなら、又さう云ふ事に私も一番奮発しやうではないか。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と夫婦の情で逢いたいから、に飛出してこうかとは思ったが、一歳になるおの顔を見せたいと思いまして、これを抱起して飛んで参り
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
東京にいづれも一二勸工場あり、入口出口にす、牛込勸工場出口入口同一なり、「だから不思議さ。」といてればらぬこと。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
……覗くと、静まり返った正面のに、の手綱、朱の置いた、つくりものの白の神馬寂寞として一頭立つ。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
村端れの溝に芹の葉一片青んでゐないが、晴れた空はそことなく霞んで、雪消の路の泥濘の處々乾きかゝつた上を、春めいた風が薄ら温かく吹いてゐた。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
私は今夜中に此れ一枚を上げねば成らぬ、角の質屋の旦那どのが御年始着だからとて針を取れば、吉はふゝんと言つて彼の兀頭には惜しい物だ、御初穗れでも着て遣らうかと言へば
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それだから早くお前さんがう云えばいのに、今になってんな事を云っても仕方がない、家主が引取に来ると云うから、御酒一盞も上げなければならないから其の支度をして置きなさい
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「しばらくの間、またそちの姿も見られなくなる。つまり今宵別盃じゃ、まあ一盃受けてくれい」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
って、ばけものをえますと、早太があずかっていた骨食短剣いて、ただ一突きにしとめました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
……ごしらへのりないちやけた提灯一具に、さくなつて、家中ばかりぱち/\として、陰氣滅入つたのでは、にも出來ず、もきけない。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
墓詣りといっても、故郷は遠国なので、浅草寺へでもお詣りして、何か一つ、今日は善いことをして帰ろうと思うのだ。……だから遊山のつもりで、一献りましょう
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私の義務として恐らくは神の小羊一匹であつたかも知れぬこの娘が、實は一人の墮落もの——眞の羊の群に屬する者ではなく、明らかに僞者であり
この指一本、妙の身体した日にゃ、按摩の勢揃ほど道学者輩がを突張って押寄せて、垣覗きを遣ったって、黒子一点も見せやしない、誰だと思う、おい、己だ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
逃げもせず隠られもせず、欲かしらねど盗みましたと白状はしましよ、伯父様同腹で無きだけを何処までもべて、聞かれずば甲斐なしその場で舌かみ切つて死んだなら
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「知らぬ疇昔は是非もなけれど、かくわが親に仇敵あること、承はりて知る上は、して過すは本意ならず、それにつき、一件の願ひあり、聞入れてたびてんや」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
了簡一つでは今のお内儀さんに三下をも遣られるのだけれど、お前は気位が高いから源さんと一処にならうとは思ふまい、それだものの事呼ぶ分に子細があるものか
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
むかうへむく/\と霧が出て、そつとして居る時は天気ぢやがの、此方の方から雲が出て、そろ/\両方から歩行びよつて、一所になる時が此の雨ぢや。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
へ五六むと、土橋一架さなのだけれども、滑川つたのだの、長谷行合橋だのと、おなじえた亂橋といふのである。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
較々霎時して、自分はろに其一片の公孫樹の葉を、水の上から摘み上げた。そして、一滴二滴の雫を口の中にらした。そして、いと丁寧に塵なき井桁の端に載せた。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
火鉢のへすぐまたってたちまち鉄瓶に松虫のさせ、むずと大胡坐かき込み居る男の顔をちょっと見しなに、日は暖かでも風が冷たく途中は随分ましたろ、一瓶煖酒ましょか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
了簡一つではのお内儀さんに三をもられるのだけれど、お氣位いからさんと一處にならうとはふまい、だもの子細があるものか
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
あなたのお教えで、夫婦になされてくださりますよう!
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
も種々と心配したんざますが、何をいうにも立退の中なり馴染の客衆は無し、何うしてもお金が出来ないざますが、今夜ふりにった客衆は百両ばかりのお金の塊を持ってるんざますが
……そのように歩が悪いにもかかわらず貴殿と同盟になろうというには、何らか相当の理由がなくてはならぬ。さよう、理由は一つござる。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
剣道においては無二の達人、水練においても無双の名手、しかも不死身と云う事など皆く聞き及んでござる。——さあ、ご返答いかがでござるな? 同盟になられるかそれとも否か?
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
鉱物、一切の元素が、一々ずつ微細なる活字となって、しかも、各々五色のを放ち、名詞、代名詞、動詞、助動詞、主客、句読、いずれも個々別々、七彩に照って、かく開きました真白の上へ
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
面白く暮すには、何かが無ければならない。一事かうと云ふ楽があつたら決して世の中はつまらんものではないよ。さんはそれでは楽と云ふものが無いのだね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
円髷の女には円髷の女、銀杏返の女には銀杏返の女が、一体ずつ影のように——色あり縞ある——影のように、一人ずつ附いて並んで、……いや、二人、三人、五人、七人、おなじようなのが
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さて太夫はなみなみ水を盛りたるコップを左手りて、右手には黄白二面の扇子を開き、やと声けて交互に投げ上ぐれば、露を争う蝶一双、縦横上下にいつ、逐われつ、さず翼もめず
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……ほんのたち現われたわたしの初恋のまぼろしを、溜息一吐き、うら悲しい感触一息吹きをもって、見送るか見送らないかのあの
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
ト、いひつつ一咳して、く息も苦しげなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
楽園と云うのだそうである。諸侯別業で、一器、六方石の、その光沢水晶にして、天然にの形をしたのがある。石燈籠ほどの台に据えて見事である。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
汝のはかく輕くはあらざりしをとさけび、呼吸のせまれる故にやありけむ、その身をとある柴木と一團になしぬ —一二三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私へ、斜めに、瓜を重いように、しなやかに取って、据えて、二つに分けると、魚が一尾、きらりと光り、チンチンチンとが鳴るとしく、ひらりと池の水へ落ちました。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一層静になったように思われる時、つけたばかりの燈火のに、独り夕餉を取上げる途端、コーンとはっきり最初の一撞きが耳元にきこえてくる時である。
鐘の声 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
貴客には限りませず、薬売の衆、行者、巡礼、この村里の人たちにも、お間に合うものがござんして、そのお代をと云う方には、誰方にも、お談話を一条ずつ伺います。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……さあ、あととはれる一條で、小高いのは、きな築山だつたかもれません。
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ア矢切村でハア小畠一段も持ってるものが、堀切くんだりまで強請騙りにはりませんよ、そんな人情の解らねえ事をいっても駄目だ、伊之助さんのことを心配して、塩梅は悪くはねえかと
……其處で、昨日穿いただらけの高足駄高々穿いて、透通るやうな秋日和には宛然つままれたやうなで、カラン/\と戸外た。が、咄嗟にはえたやうで一疋えぬ。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
巾着の紐が指に引懸って横になるとパラ/\/\と中から金子散乱たから慌てゝお筆が之を隠し手拭を一筋に一朱銀を一個出して
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しの「いえ何でも宜うがす、無駄だから、それに位牌ける机を一脚
それは、何です、剣術の先生は足がえて立縮んだが、座頭の坊は琵琶背負ったなり四這いになって木曾のをすらすら渡り越したという、それと一般
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
写真の裏に一葉々々、お墨附があってよ。年、月、日、西岡時彦写之、お貞殿へさ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
平田さんとかいう人を送り出しにおいでの時も、私しゃ覗いていたんだ。もう今日ッきり来られないのだから、お前さんの優しい言葉の一語も……。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
武州岩槻からくる道と、千住からくる葛飾の往還とが、ここで一路になって奥州街道となる幸手の宿に入り込んだのは前の四人で、高野橋の袂、網屋という旅籠の一室に陣取り、川魚料理を
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
現在のお蘭さまは懷かしく床しきほかに恐ろしく怕きやうにて、身も心も一躰になどゝ懸けても仰せられんことか、見たりしにはなる島田髷に、美相は斯くぞ覺えし夢中の面影をとどめて
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
から縱横繃帶けてる。片頬らでも大面を、一面附着けたやうに、だぶりとれて、咽喉まで垂下つて、はちれさうで、ぶよ/\して、わづかにと、
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ひとへに寄縋る、薄暗い、えさうに、ちよろ/\またゝく……つては一點で、二階下階臺所内中眞暗である。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
第三種(憑付編)狐憑き、人狐式神狐遣い、飯綱、オサキ、犬神、狸憑き、蛇持ち、人憑き、神憑り、魔憑き、天狗憑
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
砂の上に唯一人やがて星一つない下に、果のない蒼海の浪に、あわれ果敢い、弱い、力のない、身体単個ばれて、刎返されて居るのだ、と心着いて悚然とした。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「——心は永久に同住で御座います」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
與之助の女々しく未練なるは弱年のならひ、見る目の花に迷ひて行末の慮なければなるを、これと同心に成りて我れさへに心よはくば、辛き浮世になりのぼる瀬なくして
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
この人若いに似合沈着ゆえ気をめて、見詰めおりしが眼元口元勿論、頭のから衣類までが同様ゆえ、始めて怪物なりと思い、叫喚と云って立上胖響
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
侍「ところで同衾に寝たんだ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
唯一人やがてつないに、のない蒼海に、あはれ果敢い、い、のない、身體單個ばれて、刎返されてるのだ、と心着いて悚然とした。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
また百濟の國主照古牡馬壹疋牝馬壹疋を、阿知吉師に付けてりき。この阿知吉師は阿直の史等が祖なり。また大刀と大鏡とを貢りき。
長き反響の、遙なる、奥深き暗き統一の夜のごと光明のごと
現代小説展望 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)