“早太”の読み方と例文
読み方割合
はやた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
って、ばけものをえますと、早太があずかっていた骨食短剣いて、ただ一突きにしとめました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
には雷上動という黒鷲ではいた水破というと、山鳥ではいた兵破というたせました。早太には骨食という短刀れてもたせました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)