“黒鷲”の読み方と例文
読み方割合
くろわし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの金瞳黒鷲ともうしますものは、今年の春のくれつ三方万千代さまが、にせものの独楽まわしにとられたものでござります。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
には雷上動という黒鷲ではいた水破というと、山鳥ではいた兵破というたせました。早太には骨食という短刀れてもたせました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
その間に米国のフーラー博士が、黒鷲爆撃機を完成したらどうなるのだッ。——あの恐しい飛行機が出来たら、米国はきっと戦争をしかけて来るに違いないんだ。そしてわが海軍は大苦戦だぞ。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)