“早熟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ませ77.4%
さうじゆく6.5%
そうじゅく6.5%
はやなり3.2%
プレコシティ3.2%
マセ3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おきみ婆さんの言葉はずいぶんうがちすぎていたけれど、私は子供心にうなずいて、さもありなんという早熟た顔をしてみせました。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
現在一しよになつてゐる花子と恋をした頃はいかに早熟とは言へ二十歳にならぬ少年の事で、その後夫婦になつてからは殆ど一年置きに子供が出来たやうなわけから
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
十五の女の児にしては、筆の運びこそたどたどしいものの、さすがにませた言葉づかいで、その頃の男女の早熟さが思いやられた。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
しきりに霊感早熟とについて、それらをあたかも私たちが本当にもっておるものであるかのように語り合った。
語られざる哲学 (新字新仮名) / 三木清(著)
西洋の娘がいかほど早熟てゐるにしても、よしんば恋がミネルヷの神力を与へたにしても、十三や十四の娘に斯んな気のきいた、綺麗な
文章その他 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)