吉野葛よしのくず
私が大和の吉野の奥に遊んだのは、既に二十年ほどまえ、明治の末か大正の初め頃のことであるが、今とは違って交通の不便なあの時代に、あんな山奥、———近頃の言葉で云えば「大和アルプス」の地方なぞへ、何しに出かけて行く気になったか。———この話はま …
作品に特徴的な語句
こう はなはだ しゅつ しお おぼめ きさ しげ だいら おり だん 仮名がな じょう そら とぶ いとけな 奉公ぼうこう 夜半やはん えい もうし さこ あそば いで おも 難有ありがたく はい はず 陶器とうき かご あざ ゆび 援助えんじょ 家並やな あや こと ひと はず おとな 眼交まなかい 早熟そうじゅく 盲人もうじん 白狐びゃくこ 手拭てぬぐ いにし 軒並のきな しゅ 初旬しょじゅん いたし およそ 王子みこ 左右そう たく すぐ くれない 紅葉こうよう そうら 便びん はじ まつ 不具ふぐ えん ともな ゆあ 水呑みずの たぎ 唐突とうとつ 宮方みやがた くわ 見附みつ ひま 白々しろじろ 乙卯きのとう 名残なご おんな しら たたみ さら 本間ほんけん うば えん とびら おごそ へん