アド・バルーン
その時、私には六十三銭しか持ち合せがなかったのです。 十銭白銅六つ一銭銅貨三つ。それだけを握って、大阪から東京まで線路伝いに歩いて行こうと思ったのでした。思えば正気の沙汰ではない。が、むこう見ずはもともと私にとっては生れつきの気性らしかった …
作品に特徴的な語句
背負せたら 赤子ややさん 腫物できもん 神社さん ちご かた なつか あが まばゆ 随分とうない 細々ほそぼそ はず にぎわ もり 襁褓むつ 良家ええし 下肥しもご 高麗こうらい 骰子さいころ 馴染なじ にわ たも 父親てておや まつ 千度せんど うま べに おさ うらやま おもむ にぎや かか 忠実まめ こわ むね つかま 西瓜すいか 白粉おしろい しわ またた まぶた まつ 祇園ぎおん 種明たねあか 稲荷いなり 稼業かぎょう 空罐あきかん 筋違すじかい ふし 簔虫みのむし すだれ かゆ 納屋なや ひも 細々こまごま 継子ままこ 継母ままはは あく ふけ はら きも 肝腎かんじん 胎内たいない なか 膝頭ひざがしら いじ 蒟蒻こんにゃく たくわ ふた すす うつぼ 逢坂おうさか 道修どしょう みにく 里子さとご 野堂のど さび 間々まま 附箋ふせん すき やと 雑鬧ざっとう 黄昏たそがれ 鰻谷うなぎだに うなぎ あん 飾窓かざりまど 風鈴ふうりん