語られざる哲学かたられざるてつがく
懺悔は語られざる哲学である。それは争いたかぶる心のことではなくして和ぎへりくだる心のことである。講壇で語られ研究室で論ぜられる哲学が論理の巧妙と思索の精緻とを誇ろうとするとき、懺悔としての語られざる哲学は純粋なる心情と謙虚なる精神とを失わな …
作品に特徴的な語句
くず 気遣きづかわ あま 安静ルーエ 早熟プレコシティ かちえ うながし 小賢こざかし 湿うるお 一時ひととき やわら さと 弥増いやまし あなが ざま 眩暈げんうん つよ かな いと そその かまびす 嬰児えいじ はぐく めぐ 彷徨ほうこう いたずら 微笑ほほえみ 投遣なげやり 斑気むらぎ うつばり なず 海妖アヤカシ かつ めし まばた 究竟きゅうきょう 自然ひとりで かずら かく いい いま かち しか あずか とも すこや 偸盗ちゅうとう いつわ 傍視わきみ おご 傲慢ごうまん なかば おろ 只管ひたすら とが ただ あえ 嘲笑あざわら ああ もと 基督キリスト うずたか 太初はじめ おんな 女々めめ 姑嫜しゅうとめ 姦淫かんいん はら 小賢こざか 平伏ひれふ 広袤こうぼう かば いや 当前あたりまえ 当途あてど たたず 律法おきて めぐ 微笑ほほえ ことごと おし 憂欝ゆううつ 憂鬱ゆううつ 懺悔ざんげ 我儘わがまま おのの