来訪者らいほうしゃ
わたくしはその頃身辺に起つた一小事件のために、小説の述作に絶望して暫くは机に向ふ気にもなり得なかつたことがある。 小説は主として描写するに人物を以てするものである。人物を描写するにはまづ其人物の性格と、それに基いた人物の生活とを観察しなけれ …
作品に特徴的な語句
カン くつがへ あく ふけ はう あし ぢやう 馴染なれそ ひら 皮膚きめ あつ 常住しよつちう たはむ 溝川みぞがは おつ ふるへ 一時ひとしきり いで 切掛きつかけ 単衣ひとへもの なつか 此方こつち 洗滌あらひ 炎焔イルフオコ ふるは すくな せん こら ほこり だい 家中うちぢゆう うしろ 悪戯いたづら 慌忙あわ 暗夜あんや 潜門くゞりもん しよく こまか ゆるや 譫言うはごと 上衣うはぎ 仰有おつしや まさ はい わか 刎飛はねとば 午飯ひる 姿勢ポーズ 左前ひだりまへ 年齢ねんれい かすか 折屈をりかゞ 放棄うつちや 早熟さうじゆく 明日あした 此方こなた あかり 狼狽うろた 生茂おひしげ まこと 真間まゝ 空恐そらおそろ 空間あきま ふさ 義妹いもと 聞知きゝし もゝ おほ おそれ みづか 転寝うたゝね しんにふ すこぶる 上唄かみうた 二間ふたま 人好ひとよ ほか てい 使立つかひだ そば うち 台詞せりふ 咳嗽せき ついば 喟然きぜん 夢裡むり 実家さと へや 寒暄かんけん