“台詞”のいろいろな読み方と例文
旧字:臺詞
読み方割合
せりふ95.2%
ぜりふ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一たい歌舞伎劇の手法は、筋の運び方と台詞のリズムに、原理性の表現主義を持っていて、ものに依っては非常に便利なものである。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
僕の個性が出ないのだ。そうかといって、武者小路久保田万太郎のは、台詞がとぎれて、どうも朗読のテキストには向かないのだ。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「それなら勝手にそこで何時間でも待っていたらよかろう」という棄て台詞で書記官はそのまま奥へ姿を消してしまった。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
青年たちが省線で帰るにつけて、ふと思いついたふうにも見えたが、庸三もいつもの気持で送り出しもしなかったし、葉子も何か台詞めいた言葉をして出て行った。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)