“聞知”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ききし42.9%
きゝし42.9%
きゝつけ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、或は牛に、此般の者も多かるべし。しかれども予が聞知れる干支く巳を重ねたるを奇異とせる記憶は、咄嗟に浅次郎の名を呼起せり。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
物笑ひにではもなしとて常住いたを子供より聞知つてりました
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
武村兵曹仲間つて、りに愉快だ/\といでつたが、何時何處から聞知たものか、轟大尉虎髯はぬつと