“早稲田”のいろいろな読み方と例文
旧字:早稻田
読み方割合
わせだ92.3%
わさだ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は巣鴨の方へ、私は早稲田の方へ、その乗換場所までの、かの間を、私達は一日中の最も楽しい時間とする様になった。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
代助はこう云う記事を読むと、これは大隈伯が早稲田へ生徒を呼び寄せる為の方便だと解釈する。代助は新聞を放り出した。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
早稲田だからもうっているのだが、牡鹿が妻喚ぶのをあわれに思って、それを驚かすに忍びないという歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
早稲田には雨けぶるらし真木山のこの見おろしも蛙鳴きつつ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)