“油”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あぶら83.6%
13.4%
あぶらぎぬ1.5%
オイル1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火山湖のつめたいがかれの脊髄の川に沿うて流れる。罪障消滅のために。最も文学的なる萵苣のメンス。どれ舌を出してお見せ!
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
それを火からして菓物のシロップならば大匙二杯位加えますしレモンの絞汁ならやっぱり二杯位ですがレモンなら小匙に一杯半位です。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
青きの笠を着て云々〉など出でたれ、神代には支那の竜と同じものはなかったらしい
「神秘でそして幽幻で大変面白い材料です。空想画として面白い。燐光を放って走って行く、獣のような人間を、一つ絵で描きましょうかな」
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)