間引菜まびきな
わびしさ……侘しいと言ふは、寂しさも通越し、心細さもあきらめ氣味の、げつそりと身にしむ思の、大方、かうした時の事であらう。 ——まだ、四谷見つけの二夜の露宿から歸つたばかり……三日の午後の大雨に、骨までぐしよ濡れに成つて、やがて着かへた後も …
作品に特徴的な語句
わか まは がき ぱつ かぶり 引剥ひつぺ ゆり うは ちやう づきん きよ おど うま 家族みんな ねがは ステツキ 男女だんぢよ 家中いへぢう おほい おのづ いぬゐ なんぢ ばゞあ 一巡ひとめぐり 六歳ろくさい ともし ざつ 音信おとづ 幾日いくじつ ゑみ うへ 露宿ろじゆく しよく 押着おツつ ばゞ まへ つま しほ まけ ゆは それ かは かへ ぱな 風雨あめかぜ きもの さいは すき 車夫わかいしゆ やつ まさ ぎは 逃出にげで とう むか ばら 群集ぐんしふ ことば じやう あるひ くれなゐ 思出おもひで いへ 竹箒たかばうき 家中うちぢう おもひ 突立つツた とほ すさまじ 突伏つツぷ 遠方ゑんぱう 嘲笑てうせう 一層いつそ 喧噪さわぎ ろく 麹町かいぢまち 女兒をんなのこ 女中ねえ 一時ひとしきり すゝき をんな 先刻さき 苦笑くせう ぢい 三方さんぱう 寂然しん はう おこな とざ おほ しつ わづか さい