“句読”のいろいろな読み方と例文
旧字:句讀
読み方割合
くとう83.3%
くぎり8.3%
くどく8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余十八九歳の頃片山再び浪華に下り、立売堀に住す。余従つて句読を受く。四書六経史漢文選等を読むことを得たり。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「ワー。これあ漢文……しかも白文じゃありませんか。句読送仮名も何も付いてない……トテモ僕には読めません。これは……」
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
其れから一切の句読其他の記号をも排斥するりに代数学の符号がに採用され、つのも不経済だとあつての場合に約一り字間をけ、其他は散文の如くに続けて書く。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)