僻見へきけん
広告 この数篇の文章は何人かの人々を論じたものである。いや、それらの人々に対する僕の好悪を示したものである。 この数篇の文章の中に千古の鉄案を求めるのは勿論甚だ危険である。僕は少しも僕の批判の公平を誇らうとは思つてゐない。実際又公平なるもの …
作品に特徴的な語句
かう つぶ をし 疾風はやかぜ べう 蝸牛くわぎう いにしへ くは 宛然ゑんぜん もつぱら いはん 好悪かうを らつ 敏捷びんせふ 磅礴はうはく すゐ きは いら かはづ 軽重けいちよう 上海シヤンハイ 京子けいし 出立いでた 匆忙そうばう 南瓜かぼちや みだり 妲妃だつき 妻妾さいせふ しばら あざな 宝暦はうれき じつ 寥々れうれう 寸毫すんがう 尭舜げうしゆん 就中なかんづく ろう のち 恰幅かつぷく 悪名あくみやう おもひ いくさ 所謂いはゆる ころ しう 浪華なには 温乎をんこ 灰燼くわいじん 畢竟ひつきやう 硝子がらす 純乎じゆんこ 胃嚢ゐぶくろ いやし 苧殻をがら 蕭条せうでう 衷心ちうしん えつ 赤光しやくくわう 蹂躙じうりん 軽佻けいてう 遜色そんしよく ほこ 雋鋭せんえい いへど 一縷いちる 且又かつまた 世粛せいしゆく また じん 余資よし とりこ 保食うけもち 倹省けんせい なら 僅々きんきん 僻見へきけん 元会ぐわんゑ かぶ 労倦らうけん 勿論もちろん 千曳ちびき はら 反更はんかう 句読くとう 和好わかう とが くら 嗒然とうぜん つと 多銭たせん 大蛇おろち