“くどく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クドク
語句割合
功徳97.2%
口説1.4%
句読0.7%
巧徳0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それにまた、この節はお湯が開けて、与八さんもいよいよ忙しいでしょうね、功徳になっていいことですよ、人助けになりますよ」
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
立石が下男に直助と云ふ者有りは信州の生れにして老實しく働きけるが下女に心を種々に口説と雖も直助は片田舍の生れにて此下女は江戸の出生故直助が云ふ事を聞ず兎角強面當りしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其れから一切の句読其他の記号をも排斥するりに代数学の符号がに採用され、つのも不経済だとあつての場合に約一り字間をけ、其他は散文の如くに続けて書く。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
その足留稲荷のとんだ巧徳ででもあろうか。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)