大つごもりおおつごもり
井戸は車にて綱の長さ十二尋、勝手は北向きにて師走の空のから風ひゆうひゆうと吹ぬきの寒さ、おお堪えがたと竈の前に火なぶりの一分は一時にのびて、割木ほどの事も大台にして叱りとばさるる婢女の身つらや、はじめ受宿の老媼さまが言葉には御子様がたは男女 …
作品に特徴的な語句
うい 可愛かあゆ 女房つま つむ わた あたゑ かか しは あたつ かうべ おこ おほ とと 同胞けうだい おろ しゆう 車夫もの 生死しようし 尋常なみなみ さが もど ゑひ ゆき 住居ずまゐ いづ もう まづ 病気やまひ いづ けふ 悉皆みな 容貌きりよう 良人おつと いだ ぷん それ かき 口惜くちを わし 御前おまへ おほ 顔色かほいろ ぎぬ 何処いづこ 老媼おば には 綾羅きら 兄様あにさま まな 真向まつかう いで やつ とど 様子ふう さほ はう 可憐かわい 平常つね いへ 婢女はした やつこ 暇乞いとまごひ 黒烟くろけふ 額際ひたへぎは やが けん ねら 落胆がつかり はだへ うら たて しは 白金しろかね 男女なんによ 甲斐かひ わづら 水泡むだ 毛頭すこし ゆが 放蕩のら 投出なげいだ 手拭てぬぐ なり 悪戯いたづら なり あて 如何いかが 今日けふ
題名が同じ作品
大つごもり (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)
大つごもり (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)