大つごもりおおつごもり
井戸は車にて綱の長さ十二尋、勝手は北向きにて師走の空のから風ひゆう/\と吹ぬきの寒さ、おゝ堪えがたと竈の前に火なぶりの一分は一時にのびて、割木ほどの事も大臺にして叱りとばさるる婢女の身つらや、はじめ受宿の老媼さまが言葉には御子樣がたは男女六 …
作品に特徴的な語句
まつ もん 女房つま いゑ 可愛かあゆ つむ かゝ みな たき とゝ 談合だんがう わた 正午しようご 正月せうぐわつ はう 給仕きうじ しは あたつ 東京とうけう ゑん ぱう おこ うま なほ 同胞けうだい おほ おろ 兄弟けうだい しゆう 生死しようし 車夫もの こめ 何家なにうち とゞ ゆき うへ いづ さが もた 正直しようじき 此家このいへ もう うつ たい けふ もど 悉皆みな 遊興ゆうけう 住居ずまゐ いづ かは 良人おつと いだ ぷん きゝ まへ わし かち くる 相違さうい じやう 白状はくぜう 如何いかゞ 病人びやうほん かき はぢ はゝ それ 御前おまへ なか 口惜くちを おほ 綾羅きら 小僧こざう やつこ をんな いで よく 樣子ふう さほ 老媼おば 大手おほで やつ やま あは がい でう すゑ いへ 可憐かわい
題名が同じ作品
大つごもり (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
大つごもり (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)