妖怪学講義ようかいがくこうぎ02 緒言02 しょげん
哲学館主井上円了述 美妙なる天地の高堂に座して、霊妙なる心性の明灯を点ずるものはなんぞや。だれも問わずして、その人間の一生なるを知る。果たしてしからば、その一生中、森然たる万有を照見するものは実に心灯の光なり。しかして、その光を養うものは諸 …
作品に特徴的な語句
えん そう しょく 八卦はっか 呪言じゅげん たたり せん 夥多かた 上野こうずけ ぎゃく 一言いちごん うつ 神籤しんせん 禁厭きんよう 陸奥むつ しん 日暈にちうん あざな 彷徨ほうこう 忌諱きい 西籍せいせき 盲唖もうあ 盲笻もうきょう 相模さがみ 石見いわみ 碌々ろくろく 祈祷きとう 祓除ふつじょ 神憑かみがか 神籤みくじ 祥瑞しょうずい 祭祀さいし 秉燭へいしょく 秩然ちつぜん 積翠せきすい 空華くうげ 笈埃きゅうあい 管窺かんき 管鑰かんやく 簠簋ほき 羽前うぜん 羽後うご 老狐ろうこ 耽奇たんき 聱語ぜいご 肥前ひぜん 肥後ひご 胆振いぶり 腹鼓はらつづみ 自鳴じめい 舎利しゃり 茅窓ぼうそう 茫然ぼうぜん 草莽そうもう 荊楚けいそ 荏苒じんぜん 菲薄ひはく 葱々そうそう 蒙求もうぎゅう 蓑虫みのむし 蕭々しょうしょう 釜鳴かまな 鴉鳴からすな 魔憑まつ 魑魅ちみ 魍魎もうりょう 魂魄こんぱく 鬼火おにび 鬱然うつぜん 駿河するが 駆儺くだ 飯綱いづな 飄然ひょうぜん 須臾しゅゆ 靄然あいぜん 雷斧らいふ さわ 階梯かいてい 陋巷ろうこう 閩書びんしょ 長門ながと 鍾発しょうはつ 錦嚢きんのう 鋤去じょきょ 銭卜ぜにうら 譬喩ひゆ 蜘蛛くも 衄血じくけつ 裨補ひほ 生剋せいこく 触穢しょくえ 誑惑きょうわく 説郛せっぷ 諺草ことわざぐさ 謬論びゅうろん 譚海たんかい 近江おうみ 輿論よろん
題名が同じ作品