“笈埃”の読み方と例文
読み方割合
きゅうあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
擬山海経 鬼神集説 鬼神俚諺鈔 義楚六帖 橘庵漫筆 祈祷感応録 奇病便覧 笈埃随筆 教苑摘要 玉石雑誌 居行子 近世百物語
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
但馬の城崎温泉の近くではなはだ有名なる玄武洞の玄武岩は『笈埃随筆』巻二の石匠の条には、土人これを竹繰石あるいは滝繰石ともいうと記している。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
桃井塘雨の『笈埃随筆』には、今浜洲崎という地に異人来り住み、一日土地の者を招いて馳走をした。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)