“一頭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとつ50.0%
いつとう28.6%
いっとう14.3%
とう7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一頭、ぬっと、ざらざらな首を伸ばして、長くって、汀を仰いだのがあった。心は、初阪等二人としく、絹糸の虹をめたに違いない。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
少年めると如何にも大變! 先刻吾等通※して黄乳樹より、一頭猛獸はれてたのである。
丁度同時に硯友社の『我楽多文庫』が創刊された。紅葉思案を競う中にも美妙の「情詩人」が一頭んでて評判となった。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
そして、そのには、のがっしりしたかごのに、一頭きなくまが、はいっていました。
汽車の中のくまと鶏 (新字新仮名) / 小川未明(著)