美妙斎美妙びみょうさいびみょう
丁度この欧化主義の最絶頂に達して、一も西洋、二も西洋と、上下有頂天となって西欧文化を高調した時、この潮流に棹さして極端に西洋臭い言文一致の文体を創めたのが忽ち人気を沸騰して、一躍文壇の大立者となったのは山田美妙斎であった。美妙斎はあたかも欧 …
作品に特徴的な語句
むなしゅ 表面うわば 嘔吐むかつ ちっ さら 反対ひきか あず あた おとの そそ まね おの 花車はなぐるま うめ 突付つッつ 柔々よわよわ たと くわわ ひつ 一頭いっとう やっ 紅葉こうよう なら ずり あやし あなが だて かげ したし こと 嫌気いやぎ つま ちな あた ひと はじ 頭髪あたま 出入しゅつにゅう 成済なりす 生白なまっちろ なま 物識ものしり びょう くら ほと 穏当おだやか 穿うが 鵜呑うのみ いな ひそか しば 羽振はぶり ひら 背負せお あた 拳石こいし まず ぬき 戯言じょうだん 芸妓げいぎ すま 彷徨ほうこう 何度なんたび 度毎たんび 年長としうえ ごろ 取毀とりこぼ わか 口吻こうふん かじ 豈夫よも すぐ 剔抉すっぱぬ 鴎外おうがい いささ のが 造詣ぞうけい 立籠たてこも したが 管待もては 精々せいぜい のり 糟糠そうこう 編輯へんしゅう 逆旅げきりょ 鬱然うつぜん 耆宿きしゅく 羨望せんぼう すが 終焉しゅうえん