“拳石”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんせき66.7%
こいし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拳石”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もし隠れるとすれば、いのじヶ原の真中に、屋根に拳石けんせきを置いて、中で草鞋わらじを売る一軒家があるばかりです。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
これより先、まもないところに、屋根に拳石けんせきをのせた一軒茶屋がある。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
が、嶮峻けんしゅん隘路あいろに立つものは拳石こいしにだもつまずいて直ぐ千仭せんじんの底にちる。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)