“拳固”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんこ95.7%
こぶし3.2%
にぎりこぶし1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八五郎は、裏口へ寄り添ったまま、弥蔵の中から取っておきの拳固を出して、そうッと撫でるように、二つ三つ雨戸へ触ってみました。
そう思い返しながら、われとわが拳固をもって自分の頭をって、り狂う心のぎ止めたのであった。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
全く興覚めてしまって、神経を悩む病人のように、そんなことをぶつぶつ口の先に出しながら拳固を振り上げて柳沢をつつもりか、どうするつもりか、自分にも明瞭とは分らない
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)