“興覚”のいろいろな読み方と例文
旧字:興覺
読み方(ふりがな)割合
きょうざ87.5%
きようざめ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“興覚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼等かれらのその醜いケチな根性が、どんなに僕たちの伸び伸びした生活をむざんに傷つけ、興覚きょうざめさせている事か。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
要するにサタンという言葉の最初の意味は、神と人との間に水を差し興覚きょうざめさせて両者を離間させる者、というところにあったらしい。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
楯彦氏はいつも頭をくりくり坊主に剃る事にめてゐるが、婚礼の宵に納所のやうな頭をして出るのも幾らか興覚きようざめがした。