うつり香うつりが
そうして、それとともにやる瀬のない、悔しい、無念の涙がはらはらと溢れて、夕暮の寒い風に乾いて総毛立った私の痩せた頬に熱く流れた。 涙に滲んだ眼をあげて何の気なく西の空を眺めると、冬の日は早く牛込の高台の彼方に落ちて、淡蒼く晴れ渡った寒空には …
作品に特徴的な語句
化粧みじたく うぶ 微笑うすわらい 微笑 老母おばあ ところ ぜりふ ちょく 老母おっか 微笑わらい 腫物ふきでもの ぜりふ にお 轟々どろどろ 微笑えみ しげ 老母ばあ 主婦おかみさん 事故ことわけ 絶頂つじ おび はし 御飯めし 老人じいさん 老母ばあさん かた 躊躇ため 多勢みんな 老婆ばあさん 動揺ぐらつ 待合うち 道理わけ 翌朝あす そそ 老母おふくろ 表情かおつき 街路そと 外套コート 物象ものかたち 冷笑わら 情人いろおとこ 火光ほかげ 品物もの 微笑わら 主婦かみさん 方向ほうがく かたづ 姿態すがた 幽暗うすぐら かえ めず はた 夕暮くれ 変化かわり 深更よふ 迂廻まわりみち 眉毛まみげ 老婢ばあ 階段はしごだん のぼ おく 砂塵すなほこり まる かね 気嫌げん くら のぞ きたな 正月はる 洪水おおみず くう 度胸とむね 夫婦ふたり 街頭まちつじ きわ 売女おんな こら 清洒こざっぱり 通路とおり せん 暗闇くらがり くたび 煤煙けむり 亢進たかぶ 芸者それ 人群ひとごみ 日光ひかげ 頭髪あたま 扱帯しご 佇立たちどま いつも