“きようざめ”の漢字の書き方と例文
語句割合
興覚100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
楯彦氏はいつも頭をくりくり坊主に剃る事にめてゐるが、婚礼の宵に納所のやうな頭をして出るのも幾らか興覚がした。