霜凍る宵しもこおるよい
それからまた懊悩と失望とに毎日欝ぎ込みながらなすこともなく日を過していたが、もし京都の地にもう女がいないとすれば、去年の春以来帰らぬ東京に一度帰ってみようかなどと思いながら、それもならず日を送るうち一月の中旬を過ぎたある日のことであった。陰 …
作品に特徴的な語句
ちご 真実 いつわり からか 静寂しん てん 佇立たちど つく 小婢おちょぼ 懊悩やきやき じゅう こども がわ 悄然しおしお ひと たかぶ 太夫こったい わずら 呆気うつけ おく むく むな かえ 焦躁もどか はた はじ 抱妓こども おり 出来でけ 合壁あいかべ 生酔なまえ 強請せが 小面こつら ばばあ 真相ほんとう おとな 大根おおね はず こら ごと のぞ たず かた きび 芸妓げいこ あが いだ すさ 以前まえ せん こが さいな かた 潜戸くぐり なつ 空談くだ ひそ こま はさ くじ きま 拳固こぶし こぼ こす 馴染なじ こわ ふる 妓共こども ゆか ごと おんな かわ あたた たず たず しか 口吻こうふん 甲斐がい 退 やわら 翌日あくるひ うなず