“小面”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こづら89.3%
こおもて7.1%
こつら3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小面の憎い味方だが、云い分は良策だし、頼もしいところもあるので、みなその言に従って、敵の来るのを、待ち構えていた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを忠実に勤めて来た母親の、家職のためにあの無性格にまで晒されてしまった便りない様子、能の小面のように白さと鼠色の陰影だけの顔。
家霊 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
小面の憎い女衆はよく私の顔を覚えていると思われて、卑下しながら入口に立った私を見ると、わざと素知らぬ振りをして狭い通り庭の奥の方で働いていた。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)