“小面:こつら” の例文
“小面:こつら”を含む作品の著者(上位)作品数
近松秋江1
“小面:こつら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そう思い返して時々電話をかけて都合を訊いたり、自分で入口まで出かけて往ったことも一度や二度でなかったが、小面こつらの憎い女衆おなごしゅはよく私の顔を覚えていると思われて、卑下しながら入口に立った私を見ると、わざと素知らぬ振りをして狭い通り庭の奥の方で働いていた。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)