“こぶし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コブシ
語句割合
89.0%
辛夷3.8%
甲武信3.2%
1.1%
拳骨0.9%
拳固0.8%
0.6%
古武士0.2%
小節0.2%
空拳0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何んでも手に一つの定職を習い覚え、握りッで毎日幾金かを取って来れば、それで人間一人前の能事として充分と心得たものです。
その寺に近いところに、小さい二階家があって、重兵衛はその入口の木戸をあけてはいった。庭には白い辛夷の花が咲いていた。
半七捕物帳:50 正雪の絵馬 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
田舎の家からは、朝な夕なに甲武信三山を始め、破風雁坂から雲取に至る長大なる連嶺を眺めて、絶えず心を惹かれていたのに。
思い出す儘に (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
がほえるような声をたて、両のを握りしめ、ぶるぶる震えて、今にもとびかかりそうです。
金の目銀の目 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
醜怪な百松の眼からは、ポロポロと涙が、拳骨を傳はつて舞臺の板を濡らします。お村は默つて眼ばかり光らせました。
庄次郎は、石みたいな拳固に襟を噛まれながら、首をめて、お喜代の後ろ姿を見ていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
丸官はを握った。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二人三人召連春風がけのり、のあたりにり、岩窟堂虚空蔵にてをのむ——とある。古武士がけの風情あり。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
るぞ」、哄笑、激語、悪罵、歓呼、叱咤、ある小節の歌の文句の腸を断つばかりなる、三絃の調子の嗚咽が如き忽ちにして暴風、忽ちにして春雨、見来れば、歓楽の中に殺気をこめ
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
彼は両手をひろげて空拳を振り上げ、さながら無形の蛇矛を握っているような体裁で、八一ねえさんに向って幾歩か突進した。「お前は彼に抵抗することが出来るか」
風波 (新字新仮名) / 魯迅(著)