金の目銀の目きんのめぎんのめ
まっ白いネコ 九州の北海岸の、ある淋しい村に、古い小さな神社がありました。その神社のそばのあばら屋に、おじいさんとおばあさんとが住んでいました。おじいさんは、神社の神主で、ふだんは、近くの人達のためにお祈りをしてやったり、子供達にお習字のけ …
作品に特徴的な語句
とう こぶし 正午しょうご 一日いちんち ぎょ かご 荒野こうや 一心いっしん そな うらな 奇特きとく 平然へいぜん あや 捕虜ほりょ 棒杭ぼうくい 水泳みずおよ 水鳥みずとり 白狐しろぎつね 白髭しろひげ ぬす しま 金輪かなわ 一散いっさん 一缶ひとかん 丁寧ていねい 万事ばんじ 下女げじょ 下男げなん 世間せけん かめ 人参にんじん 人質ひとじち 仏像ぶつぞう 住居すまい たわら 剥製はくせい にお 化粧けしょう 匪賊ひぞく 十歳とお 占領せんりょう 危急ききゅう 厨子ずし うまや 口髭くちひげ 呆然ぼうぜん 和服わふく 喝采かっさい 喧嘩けんか うわさ 土壁つちかべ 大連だいれん 奇術きじゅつ やつ 妙薬みょうやく みや 小僧こぞう 小声こごえ とが 尻尾しっぽ みさき 市松いちまつ 布団ふとん 平目ひらめ とむら 後悔こうかい 微笑ほほえ 懇意こんい 戸棚とだな 手品てじな 手綱たづな 手練しゅれん 探偵たんてい 握手あくしゅ 支那しな 早技はやわざ 李伯りはく 松林まつばやし こずえ 椅子いす 椿つばき 歓声かんせい まり 気配けはい おき 満州まんしゅう おぼ くま さる けもの 玄王げんおう くせ 白髪しらが