“一缶”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとかん66.7%
ひとくわん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一缶”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言6.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれど、太郎のおじいさんはかえって太郎の勇気をほめ、立派なことをしてくるようにと元気づけ、なお薬を一缶ひとかんくれました。
金の目銀の目 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
石油なども口を封蝋ふうろうかんしてある大きな罎入かめいり一缶ひとかんずつもとめねばならなかった。
亡び行く江戸趣味 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
芸術家の芸術を売るのも、わたしの蟹の缶詰めを売るのも、格別変りのある筈はない。しかし芸術家は芸術と言へば、天下の宝のやうに思つてゐる。あゝ言ふ芸術家のひそみにならへば、わたしも亦一缶ひとくわん六十銭の蟹の缶詰めを自慢しなければならぬ。
侏儒の言葉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)