“魯縞”の読み方と例文
読み方割合
ろこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかなる強弩(強力な石矢)もその末は魯縞(うすい布)をうがちえず、壮時の麒麟も、老いてはたいてい駑馬にも劣るようになる。
死刑の前 (新字新仮名) / 幸徳秋水(著)
今日の金港堂は強弩魯縞穿わざる感があるが、当時は対抗するものがない大書肆であった。その編輯に従事しその協議にかるものは皆錚々たる第一人者であった。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
『八犬伝』もまた末尾に近づくにしたがって強弩の末魯縞穿つあたわざるみがかないではないが、二十八年間の長きにわたって喜寿に近づき、殊に最後の数年間は眼疾を憂い
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)