八犬伝談余はっけんでんだんよ
一『八犬伝』と私 昔は今ほど忙しくなくて、誰でも多少の閑があったものと見える。いわゆる大衆物はやはり相応に流行して読まれたが、生活が約しかったのと多少の閑があったのとで、買うよりは貸本屋から借りては面白いものは丸写しか抜写しをしたものだ。殊 …
作品に特徴的な語句
づま した さいわ あわた さな かたぶ とつ ちよう づら でん より 失敗やりそこ 沙翁シェイクスピア じば りん めい ふたまた むず この めぐら やか むすび ちょう 鼻梁はなっぱり はま あざむ たか 舅姑きゆうこ いず 竜頭りゆうとう ぬき ひし おも 飄然ひようぜん 一顆いつくわ こうべ つく ふれ 蘇生いきかえ かす 無聊ぶりよう へん つくり きん 思切おもいきり ぎょ より 匹儔ひつちゆう 梟示きようじ 邂逅であ たくまし はい おもむ へん 行徳ぎょうとこ 蠅頭ようとう 艸木そうぼく つま ぬす 此彼これかれ 一串いつかん 故主こしゆう まさ とく あなが かげ がわ いさぎよ しゅう ゆだ ちな 口説くどき 口前くちさき いか 予譲よじよう あぶ 一顆いつか 出山しゆつざん すさ 一条ひとくだり えつ 豹皮ひようひ 豎子じゆし まろ いそが ここ