“鍋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なべ99.5%
ナベ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もなく、のマリちゃんが、ちょうど、台所で、って、沸立ったをかきしているおさんのそばへました。
焼跡の穴から掘り出した食料やおなどを、みんなでそのお家に運んだ。私は笑いながら、ズボンのポケットから懐中時計を出して
薄明 (新字新仮名) / 太宰治(著)
改めて東北の方の東京人の入りこまない地方の人が釜もって行くようなところへ行って九月一杯までいて、その間にすこしものも書きためようと思います。