“牛鍋屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎゅうなべや66.7%
うしなべや33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこはいわゆる大衆的な牛鍋屋で、夏頃、その横を通ると、いかにも田舎から出てきたばかりというのを丸出しにした女が、裏で枝豆を切っているのを、よく見かけた。
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
東京ならば牛鍋屋鰻屋ででもなければ見られない茶ぶだいなるものの前に座を設けられた予は、岡村は暢気だから、だ気が若いから、遠来の客の感情をうた事も心づかずにこんな事をするのだ
浜菊 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
るとき難波橋吾々得意の牛鍋屋親爺が豚を買出して来て、牛屋商売であるが気の弱いで、自分に殺すことが出来ぬからと云て、緒方の書生が目指された。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)