浜菊はまぎく
汽車がとまる。瓦斯燈に「かしはざき」と書いた仮名文字が読める。予は下車の用意を急ぐ。三四人の駅夫が駅の名を呼ぶでもなく、只歩いて通る。靴の音トツトツと只歩いて通る。乗客は各自に車扉を開いて降りる。 日和下駄カラカラと予の先きに三人の女客が歩 …
作品に特徴的な語句
そこの ひやや 宿 ここ はな おく あかる あく うた あが それ かえっ たしか ねんごろ すわ あした きま ため さわや ひとり 独言ひとりご しま ゆっく ばか とん 一寸ちょっと 不図ふと 久𤄃きゅうかつ これ 云々うんぬん もっ 体躯たいく 余所よそ にわか そば 傲慢ごうまん わず その 其所そこ 勿論もちろん いや 口惜くや 吐鳴どな あき 呆気あっけ 咄嗟とっさ とが せき うわさ もと たま 夢現ゆめうつつ おびただ 如何いか やす もっと 悶々もんもん いよいよ たし あわ 所謂いわゆる 手水ちょうず こしら 提灯ちょうちん 料簡りょうけん これ いとま 暢気のんき しばら 朧気おぼろげ 板面いたずら 柏崎かしわざき 次手ついで 歎息たんそく 気燄きえん 洋燈ランプ 活々いきいき ふち 清朝しんちょう たた 漁舟いさりぶね みだり ようや 潜戸くぐりど なお 瓦斯ガス 白絣しろがすり 磊落らいらく 端書はがき