“板面”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いたずら50.0%
いたづら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“板面”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ウンやるんじゃない板面いたずらなのさ。そりゃそうと君も次が又出来たそうね、然も男子じゃ目出たいじゃないか」
浜菊 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
うなずいて、ずかと、廻廊の板面いたづらから、一段高い畳のうえに踏み上がると、落着き払って、設けの席に坐り、そのまま縁の中柱へ、ゆったりと背をもたせかけていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)