“板子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いたご86.7%
いたこ13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
温泉場御那美さんが昨日冗談に云った言葉が、うねりを打って、記憶のうちに寄せてくる。心は大浪にのる一枚の板子のように揺れる。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
左右からせきたてて、小船の板子をしいた死の伊那丸をひかえさせた。そして床几にかけた梅雪目礼をしてひきさがる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
潮来町(昔は潮来板子と書いた)は常陸行方郡の水郷で、霞ヶ浦からの水の通路北利根川にのぞみ、南は浪逆浦を咫尺の間に見る地である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
板子一枚下は地獄。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)