“次手”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ついで98.9%
つひで1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次手に岳北の四湖を眺め、青木ヶ原の一端をものぞいて見ようというので、四月八日の午後十一時に田部君と共に東京駅を出発した。
春の大方山 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
基督教、共和政体、機械万能などを罵る次手に、僕の支那服を着たるを見て、「洋服を着ないのは感心だ。只むらくは辮髪がない。」
北京日記抄 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
衣絵さんが此辺旅行したふのを、次手いたのが——寸分はぬ的切だ……
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)