“手當次第”の読み方と例文
新字:手当次第
読み方割合
てあたりしだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には院長往々病院のアルコールを密賣し、看護婦婦人患者手當次第としてゐたとふ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ぎにぎ、百姓勿論ば、材木す、養蠶もやり、地木綿らし、農家出來ることなら、でも手當次第、そして一生懸命にやりました。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
非常讀書んで、屡〻倶樂部つては、神經的りながら、雜誌書物手當次第いでゐる、んでゐるのではなく間合はぬので鵜呑にしてゐるとふやうな鹽梅
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)