“勝手次第”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かってしだい50.0%
かつてしだい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かしがるにゃァらねえ。もこっちから、血道げてるというじゃなし、おめえにれてるな、勝手次第だ。——おせん。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
それにつけくわえて、「土留蠣殻さし候分勝手次第
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
れもしない、温泉きがけには、夫婦腕車つた並木を、魔物うです、……勝手次第でせう。」
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
付て油斷がならず何卒御迷惑ながら御同道下さらば丁度旦那樣の御供の樣にて惡漢氣遣ひなく心丈夫に存じますとに後藤は見向もせず夫は貴樣の勝手次第にといひし一向構はず行中にはや戸塚の棒鼻へ入りたるに或料理屋の勝手佳蘇魚の數々の魚見えければ後藤は一杯やらんと此家に入て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)