“蠣殻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かきがら93.3%
かき6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侍女に日傘をささせ、女坂の中段から右の平地をに切って、そこに一軒ある古風な生垣に蠣殻かぶせの屋根門をスウとくぐった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蠣殻町辺に事務員を求めるといふ広告があつたので、出掛けて往つて見ると、九尺二間位な小さき家に怪しい者が住んで居る。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
といって椅子を引擦って来ると、加十にピッタリと寄り添うようにして坐り、銀の小さなフォークで生蠣殻の剥身を突刺し滴の垂れるやつを
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)