“日本橋浜町蠣殻町”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしはまちょうかきがらちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにおいてや明治四十一、二年の頃より大正三、四年の頃まで浅草十二階下、日本橋浜町蠣殻町辺に白首しく巣を喰ひ芸者娼妓これがために顔色なかりき。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)