“日本橋室町”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしむろまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僧正ともあるべきが、のために詩人つたんだとね。玉茗ふのは日本橋室町葉茶屋若旦那だとさ。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この昆布は京都の松島屋、東京ならば築地魚河岸の特産店、日本橋室町の山城屋とかが取り扱っているものだ。つまり、だし昆布の上等でなくては駄目なのである。
塩昆布の茶漬け (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)