“日本橋迄”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしまで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眞直にとへて此處にもめんとはせず日本橋迄きたしといふにかはらねどり、河岸につきてりてくれよ、とは何方か、へいやへと一横町
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)