“日本橋通”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にほんばしとおり50.0%
にほんばしどおり25.0%
にほんばしどほり25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、私も兄も、まだ部屋住みで、住居日本橋通三丁目でして、親爺が呉服商を営んで居りましたがね。何でも浅草の十二階が出来て、間もなくのことでございましたよ。
押絵と旅する男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)