“日本橋式部小路”の読み方と例文
読み方割合
にほんばししきぶこうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本橋式部小路の太物商磯五の店から、二百五十両の買い物をして、それからこんにちまで、払いを逃げまわってきた高音という女——それが、お高と名をかえて
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「へえ。日本橋式部小路太物商、磯屋五兵衛てえお人が、お見えでごぜえます」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)